色んな節税の仕方がありますが、個人にかかる所得税や住民税の節税について考えてみました。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

色んな節税の仕方がありますが

色んな節税の仕方がありますが、個人にかかる所得税や住民税の節税について考えてみました。
所得税において節税のポイントになるのは、所得控除をうまく活用する点にあります。まずは確定拠出年金です。
節税というからには、多くのお金を役所に納めている現状があるのだと思います。確定拠出年金へ掛けることで、控除できる上限金額はありますが、掛けた分だけ多くの所得控除の恩恵を受けることができ、節税になります。これは役所に納める税金を減らして、確定拠出年金で運用したお金を将来退職金や年金として受け取ることができますので、お得感があります。
次に寄付金です。
ふるさと納税という言葉を聞かれたことがあると思いますが、ふるさと納税をするとその市町村から名産品が送られてくることがあり、所得税においては寄付金控除の対象にもなります。寄付金という出費は伴いますが、その名産品と寄付金控除を合わせたところで、節税効果がみられるところが良いと思いました。