サラリーマンって基礎控除や扶養控除があるだけで、それ以外の節税対策は無いと思ってる人が多いけど、実はサラリーマンでも節税できるテクニックがあるんです。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

サラリーマンって基礎控除や扶養控除があるだけで

サラリーマンって基礎控除や扶養控除があるだけで、それ以外の節税対策は無いと思ってる人が多いけど、実はサラリーマンでも節税できるテクニックがあるんです。
それも法に触れないちゃんとした手段です。

マイホームをローンで購入したら、住宅ローン減税が受けられる事は知ってると思いますが、住まいを省エネ住宅にしたり、耐震住宅にすれば、もっと多くの節税ができます。年額だと30万円まで所得税が減税され、それが10年間続くので、かなりの節税額になります。また、子供や配偶者控除だけでなく、自分の親も扶養控除して節税できます。一緒に住んでなくてもOKで、離れて暮らしてる親に仕送りすれば、親も扶養控除にすることが可能です。

更に、最近は不景気でサラリーマンでも副業してる人が多いと思うけど、もし自宅で何かの仕事をしてるなら、光熱費や家賃の一部を経費にして節税することも出来ます。勿論、副業で得た収入は合算しますが、個人事業主みたいに、文房具などの備品も経費にできるから、上手くやれば法には触れずに、所得税をかなり節税できると思います。