法に全く触れない節税テクニックといえば、まず医療費を控除です。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

法に全く触れない節税テクニックといえば、まず医療費を控除です

法に全く触れない節税テクニックといえば、まず医療費を控除です。

所得によって算出方式の違いがあるとは思いますが、一定額以上の医療費を支払った場合には確定申告をすると、医療費控除が受けられるそうです。
私は実際に申告した経験はありませんが、突然怪我をしたり、病気になったりする恐れもあるので、日頃医薬品を買った時のレシートや、病院に行った時の領収書などは貯めておくようにしています。大抵は、医療費控除が出来るほどの額にはならないのですが、万が一のためにもそのような習慣を心掛けています。ただ、入院などで医療費の支払いが多くても、医療費を補てんする保険金などがあれば、算出の際に差し引いて計算する事になるそうです。

次に、雑損控除です。
災害や盗難で、資産に損害を受けた時に申告をすると、一定の金額の所得控除が受けられるものです。
出来ればそういう事態には遭いたくはないのですが、日本は風水害や地震も多いので、知っておいて損にはならないと思います。
国税庁でもきちんと提示されている税金の控除方法なので、勿論合法で法に触れる心配はありません。