税金に驚き嘆き、でも納税は国民の義務だとか何とか言いながら仕方が無いと諦めていたけれど、事業主でなくても節税することが可能だとある時知りました。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

税金に驚き嘆き

税金に驚き嘆き、でも納税は国民の義務だとか何とか言いながら仕方が無いと諦めていたけれど、事業主でなくても節税することが可能だとある時知りました。

私は、法律に全く触れないで節税できる方法は無いものかと、調べることから始めました。
法的に最も問題の無い節税と言えば、一般的に最も知られている医療費控除ではないでしょうか。年間10万円を超える医療費を支払ったとしたら、医療費控除を真っ先に考え還付金を受ける手続きを行います。その際、忘れてはいけないのが領収書です。
例えば、年間の医療費控除が10万円を超えたとしたら、超えた分の金額を所得から控除する事ができるということです。
そして、税金の還付を受ける事が出来るということです。

分かりやすく説明すると、例えば年間の医療費が20万円なら、年間10万円を超えている医療費を支払ったわけですから、医療費控除額は10万円ということになります。この場合の医療費は、家族全員の医療費を合算できます。例えば、入院以外でも大丈夫です。
病気や怪我の通院に必要だったタクシー料金や電車やバス代などの交通費も、きちんと領収書やレシートを貰って置くことが、法に触れない節税に繋がります。