税金の中でも、なかなかに理不尽だと思われるのが相続税です。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

税金の中でも、なかなかに理不尽だと思われるのが相続税です

税金の中でも、なかなかに理不尽だと思われるのが相続税です。
特に、2015年には相続増税も控えています。
さて、税金対策、節税といっても色々とありますが、一番分かりやすいのが、増税されることが分かっているのならそれまでに対応しておくことです。
消費税の増税でも、増税前に買い貯めに走った人は大勢いると思います。正直なところ、消費税で値上がるものに関しては、セールなどを狙った方がお得だとは思いますが、ともかくそれも一種の節税です。

相続税に関しても同じで、増税する前に相続してしまうのが一番の節税です。
もっとも、それは増税する側も理解しているので生前贈与という制度があるのですが、通常の相続に比べて割りは悪くなっています。
しかし、この生前贈与という制度は年間110万円までは贈与税がかかりません。正確にはかからないのではなく、基礎控除されます。仮に子供が2人いると仮定するのなら、10年で2200万円の贈与ができるわけです。

節税としてはかなり額が大きく、簡単にできて効果が高いです。