日本人の働き方も変わってきました。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

日本人の働き方も変わってきました

日本人の働き方も変わってきました。
今や、サラリーパーソンとして一生年功序列で安泰なんて時代は、もはや過去の遺物。働き方を考えればかなりの面で節税は可能です。
インターネットを介して、情報は勿論、物品のやり取りも出来る時代ですから、働く場を会社とか日本と限定しなければ、全く法に触れず節税できます。
例えば、図面屋さんでも良いです。
キャドで設計した図面はメールで送れる時代ですから、一度日本を飛び出して中国などに出てしまう、そこで部屋を借りて自室で日本の仕事をすれば良いのです。
ビザの問題もありますが、中国なら近くに台湾、香港がありますから、例えば、中国の広州あたりに居を構え、二週間ごとに香港との境界であるシンセンの税関を徒歩で往復すれば、ノービザで滞在可能です。

そういう条件下で仕事が出来るのであれば、海外転出届けを出してしまい、市町村税とかを日本で払わなくて良くなります。日本に一時帰国すれば、その足で市役所に向かい、再度転入すればその日から健康保険も復活します。ある程度長く日本に帰国したい場合、一月一日だけ外せば住民税等は払わなくて良いのです。