会社員をやっていると、年末調整は会社側でやってくれるので、あまり税金について考えることがありませんでしたが、自分で確定申告をすると、こんなにも税金を払っているのかとビック

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

会社員をやっていると

会社員をやっていると、年末調整は会社側でやってくれるので、あまり税金について考えることがありませんでしたが、自分で確定申告をすると、こんなにも税金を払っているのかとビックリしました。
毎月の収入を増やしたり、費用を減らしたりすることはなかなか難しいですが、節税対策をすることによって、次年度の税金が減ったり所得税が返納されたりと利点がありますので、知らなかったことで損しないようにしたいものです。

私自身が意識していることとして、医療費と保険料はしっかり把握しておくようにしています。これらの費用は控除対象になりますので、明細などは一年間捨てないようにしてあります。他にも、最近ではふるさと納税なるものも流行っています。自分の興味のある自治体に寄付することによって、その土地の特産物が送られてきたり、寄付金控除も受けられるそうです。
ただ、寄付金控除の上限額は30,000円だということです。
美味しいものが頂けたりするだけでなく、税金対策になるのは嬉しいです。