消費税の税率も上がって、税金って改めて高いなと思うようになってきました。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

消費税の税率も上がって

消費税の税率も上がって、税金って改めて高いなと思うようになってきました。
少しでも節税をと考えた時に、法に全く触れないで行える方法をと考えると、あまりないなぁというのが正直な感想です。

簡単な節税テクニックとしては、消費税の関係で切り捨てか切り上げかのラインを考えて、10円のものはまとめて10個買うと消費税が8円だけど、1個ずつ買うと0円で済むといったような小さなことしか思いつきません。
でも、現実問題それに費やす時間を考えると効率も悪いし、行うことはないでしょう。
そんな中、大きく節税ができるのではと思われるのが、今話題になっている株式投資の方法、NISAです。
これは年間100万円までの投資に関して、発生した売買益等にかかる税金は非課税という制度です。
一時は投資を促すために、株の譲渡に関する税率も7%と低かったのですが、今は復興特別所得税も含め、国税だけで15.315%もあり、地方税も合わせると20.315%という率になります。もし、100万円の利益が出ても、税金で20万円以上持って行かれるというのは、腑に落ちない話です。
これは配当所得にも同じことが言えます。ですので、5年間という期間限定ではありますが、合法的に大きな節税効果が見込めると思いました。