法に全く触れない節税テクニックとして一番初めに思いつくのが、控除だと思います。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

法に全く触れない節税テクニックとして一番初めに思いつくのが

法に全く触れない節税テクニックとして一番初めに思いつくのが、控除だと思います。
立場によって違いますが、例えば、バイトなら103万円以上稼がないで、親の扶養から外れないようにするなどのテクニックが必要です。
学生なら勤労学生控除というものもあります。源泉徴収されている場合は、その分を確定申告によって取り戻す方法も絶対に覚えておくべきことでしょう。それらを上手く考えて、働く事も節税に繋がるテクニックです。

そして、他には住宅ローン減税や医療費控除、扶養控除、保険にまつわる控除など、税金の軽減措置になる控除が山ほどあります。中には申請しないと受けられないものがあるので、節税の為に調べておく事が必要です。
特に、サラリーパーソンをやっていると、自動的に税金は徴収されて確定申告しなくても良いですから、何も考えないでスルーしてしまいがちです。
他にも、会社に関する事で経費を使い、それが控除の対象になる事もあります。
知らないところで、控除されるはずだったお金が消えて行く事がないように、しっかり節税テクニックとして、控除されるものの事を学んでおきましょう。税金の還付は、5年遡る事が出来ます。