節税をする方法は、主に2つしかありません。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

節税をする方法は、主に2つしかありません

節税をする方法は、主に2つしかありません。その2つとは、適用される税率を下げるか、経費を増やすかです。

適用される税率を下げることは難しいとしても、経費を増やすことは誰にでも可能です。
だからといって、不要なものまで買う必要はりません。まず、どのようなものでも、レシートと領収書をもらっておくことをおすすめします。事業に関係ないものと思われそうなものでも、とにかくレシートと領収書を控えておきます。事業と関係あるかないかは、結局のところ個人事業主であれば、自分自身、企業であれば経営者にしか分からないことです。
事業に関連する出費であれば経費とすることができますが、事業に関連しない出費は私用のものとして経費にすることはできません。これは、きちんと事業に関連する出費であることを説明することができれば、経費として計上できることを意味しています。
そこで、まずすることは、レシートと領収書を控えておくこと、そしてそれらが何らかの形で事業に関連していないか思い出すことです。