平成26年税制が改正され、大幅に交際費が認められるようになりました。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

平成26年税制が改正され、大幅に交際費が認められるようになりました

平成26年税制が改正され、大幅に交際費が認められるようになりました。
これまで認められていなかった大企業でも、交際費が認められるようになったのです。

交際費の計算は、資本金1億円を超えていないか超えているかで、かなり計算が違ってきます。交際費については、近年よく改正されていますが、交際費を活用すれば、法に触れることなく節税をすることができます。
日本の多くの企業が中小企業です。
中小企業の場合には、2つの選択肢があります。800万円までを損金として認めてもらうか、交際費の50%を経費として認めてもらうかです。
交際費が1600万円以下であれば、800万円までを損金として認めてもらう方がお得です。
交際費ということで、取引先相手の接待だけが含まれると思われがちですが、交際費の定義はもっと広範囲にわたります。取引先は勿論、これから取引先になりそうな相手への接待、そして対外的な冠婚葬祭の費用なども含まれます。また、従業員に対するものでも、慰労するために使った飲食代は交際費に含めることができるのです。

これらの費用を全て経費にすることができれば、大幅な節税が可能です。