給料明細を毎月見ていると、容赦なくお給料から差し引かれる税金の金額にガッカリしてしまい、なんとか年末調整を見据えて、節税を考えなければいけないと思い始めた今日この頃です。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

給料明細を毎月見ていると

給料明細を毎月見ていると、容赦なくお給料から差し引かれる税金の金額にガッカリしてしまい、なんとか年末調整を見据えて、節税を考えなければいけないと思い始めた今日この頃です。

節税は脱税ではなく、あくまでも節税なわけですから、法律に触れるような方法や内容ではいけません。例えば、忘れがちなのが家を買ってローンを組んだ場合、税金が優遇される制度のことで確定申告をすると節税になります。要するに、生命保険などを確定申告する際に同じように、住宅ローン控除が受けられるということです。
住宅購入の際、多額の現金全額支払いで住宅を一括購入する方は、そう多くはいらっしゃらないと思うのです。
住宅ローン控除は、消費税率アップの影響を受けて制度が良くなっていると聞きました。

人生最大の大きな買い物と言っても過言ではない住宅購入をした場合、最初はちょっと面倒臭いと思いますが、面倒がらずに住宅購入の1年目に確定申告をしておくと良いのです。
何故なら、住宅購入の1年目に確定申告をしておくことで、2年目以降は勤務先の年末調整で手続きが済むというわけです。
住宅購入の際の住宅ローン控除は、法に全く触れない節税テクニックだと思います。