来年から相続税の課税が強化されます。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

来年から相続税の課税が強化されます

来年から相続税の課税が強化されます。これまで相続をそれほど意識してこなかった家庭でも、近い将来相続をめぐってトラブルが起こる可能性があります。生前にできるだけ節税対策をしておいて、いざという時に備えておきたいものです。

節税と脱税は、法に触れるかどうかという点で根本的に異なります。法に触れないようにしながら、節税対策をするようにしなければなりません。そんな節税対策として、生命保険があります。ある程度資産があるようなら、万が一の時の保険という感覚でなく、節税のために思い切った生命保険に加入するといいでしょう。できれば子供を契約者にして、その保険料を支払う形にすることで、年間最大で110万円までは税金対策ができます。しかも、大型の生命保険に子供が入るので、その補償を受けることもできるというメリットがあります。
ある程度資産がないとできない節税法ですが、土地や資産を所有している方はすぐにでもするべき手法と言えます。