会社を経営されている方は、莫大な法人税を少しでも節約できるように、日々節税に努めています。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

会社を経営されている方は

会社を経営されている方は、莫大な法人税を少しでも節約できるように、日々節税に努めています。
法に全く触れない節税テクニックと言えば、あらゆる接待や福利厚生などを経費で落とすことです。
それに、忘れがちになっている交通費や文具などの経費も、徹底してかき集めてみると意外とたくさん積み重ねることができます。お客さんにお出しするコーヒーやお茶代なども、忘れずに出しておくことです。

そして、もう一つできるテクニックとしては、家族を従業員または役員としておくことです。
会社の一員にしてしまえば、必ずお給料や役員報酬を支払わないといけないです。
額は多ければ多い方が節税対策になりますが、そのあたりは節度のある額を、従業員と家族で相談をしてから決めておいた方がいいです。
家族経営の零細企業でしたら、役員が全員家族や親戚で固められているケースもよくあります。こうして上手に節税をすることで、莫大な法人税を少しでも軽減させることができます。