法に触れない節税テクニックといえば、まずは医療控除です。

法に全く触れない節税テクニック
法に全く触れない節税テクニック

法に触れない節税テクニックといえば、まずは医療控除です

法に触れない節税テクニックといえば、まずは医療控除です。

所得によって対象になる医療費の額は異なりますが、自分の所得の場合は、年間に10万円以上医療費を使った場合に確定申告をすると10万円を超えた分の一割が還付され、更には翌年度の住民税が安くなります。10万円って大金だし、そんなに使わないって人が多いかもしれませんが、実はこの10万円純粋な医療費だけじゃなく、通院に使った交通費も対象になります。だから、頻繁に病院に行っていると意外と超えてしまうことも多いんです。
特に、歯科治療などで保険対象外の治療をすると、あっという間に超えます。私も、過去に3、4回は医療控除で確定申告をして、税金が戻ってきました。

それから保険も節税になります。単純な医療保険だけじゃなく、個人年金タイプの保険も対象になるので、私はこれも節税対策としてやっています。これで所得税が毎年少しずつ控除されています。ちなみに、こういう年金ものは自分に将来何が起こるか分からないので、極力最小口数で加入するのがポイントです。
もし、払い戻しってなった場合は、節税した分以上に損をしてしまいますから。